‘green’ カテゴリー

生産者巡りの旅。

9,10日と愛知県の生産者さん巡りをさせてもらってきました!
直接温室を見て、育て方や今後の展開のお話しを聞くのはとても大事です。
そして何より楽しい!!
お世話になった関係者の方々、ありがとうございました!!
市場には出回りにくい、いい感じのヤツらを少量ですが仕入れてきました。

55
57
61
63
936

チランジアについて。

お手軽植物の代表格になりつつあるチランジア。

 

空気中の水分を取り込むので、水やり不要とのふれこみや生育に土を必要としないので置き場所を選ばないことなどから、エアプランツという通称を持っています。

 

自生地はアメリカ南部からアルゼンチンに至る中南米およびカリブ海諸国。その中でも特にメキシコが中心となります

自生地の環境に共通するのが、夜霧もしくは降雨が適度に発生する地域。
それらから水分などを吸収し、生長しています。
あとは適度な風通しと日当り。
この3点がチランジア生育においての重要な要素となります。

 

この3点を日本の、特に都心部でクリアしようとするのであれば、置き場所のベストは4~10月は屋外(庭かベランダ)。最低気温が8℃を下回ってきたら屋内の風通しが良く、レースカーテン越しの陽光(人工灯でも可)が当たる場所。

水やりは1週間くらいしなくても、すぐに枯れてしまうことはないですが、毎日〜3日おきに陽が沈んでから霧吹きかホースで全体にしっかりと水やりがベストです。
あとは蒸れやすいので濡れている状態で陽に当てないこと。

 
「おい!どこが水やり不要で置き場所を選ばないお手軽植物なんだよ!!」
って感じですが、そうです。別にお手軽でもなんでもないのです。
どちらかというと水やり回数は多いです。
かといって別段難しい品種ってわけではなく、他品種とそう変わらないです。

 

ただ、日中の置き場所と水やりをクリアしていれば、土を必要としないので色々な場所に置く事ができます。

そこをピックアップすればお手軽植物と言えなくもないです。

 

あと、他品種にはない銀葉の美しさや個性的なシルエット。品種数も多く、花を咲かせやすい。
なんだったら、気軽に散歩にも連れて行けちゃう魅力満載のワンダーなヤツらです!!

 

 

「チランジアの育て方まとめ」

・置き場///風通しが良くて、木漏れ日程度の光量がある場所。

・水やり///夕方もしくは夜間(冬季は寒すぎるのでNG)に全体を霧吹きなどで。毎日〜3日おきに1度。

・肥料///生育期の4~10月に霧吹きの水に液体肥料を標準の2~3倍の希釈で混ぜて1〜2週間おきに1度。施肥はなくてもすぐに枯れることはないが、株のイキイキ度合いが違う。

チランジア・ホワイトスター
チランジア・ホワイトスター(Tillandsia `White Star’)

植物選びに迷ったら

植物選びの条件として
「管理が簡単(水やり回数が少ない)」
「日陰に強い」
「生長がゆっくり」
というのをよくおうかがいします。
プニプニ系の多肉やサボテンは光量が必要で、日陰に強い品種は水を好むことが多い。
そんな時に僕がオススメするのが、サンセベリア類です。
多肉植物に分類されることもあって、本来は光量を必要としますが、他の多肉に比べて日陰でも型くずれ(間延び)は少ないです。
水やりに関しては、気温が10度を下回る場所であれば、与える必要はありません。
生長期の4~10月に水やり回数を調整してやれば、生育をコントロールしやすい。
そして、ソリッドなシルエット!
しかも品種数もかなり多い!
嗚呼、なんて素敵なんでしょう!!
生長期に週1回程度のペースで水やりをすれば、生長も早まり子株を増やす品種もたくさんあります。
嗚呼、やっぱり素敵!!
条件面で植物選びに迷ったら、まずはサンセベリアを!
ゴー!サンセベリア!ゴー!
そして気付けばあなたもサンセベリアー!!!

サンセベリア パテンス
サンセベリア・パテンス

プランターも続々入荷してます!(入荷情報)

本格的植え替えシーズン突入前に当店でもプランターが続々入荷しています!
2,5号から8号サイズが中心で特に3,4号が充実していますのでこの春に植え替えをご検討されている方は是非にご来店ください。
底穴の無いプランターでもドリルで底穴を空けさせていただく無料サービスを承っておりますので、お気軽にお申し付けください!!!

プランター001

プランター002

プランター003

プランター004

プランター005

プランター006

プランター007

プランター008

プランター009

プランター010

画像以外も入荷しています、プランターは6月ごろまでは入荷し続けます!!!

アガベ・アテナータ(入荷情報)

こいつもいつの間にかすっかり人気者になってきた感のあるアガべ・アテナータ(Agave attenuata)fromメキシコ東部。
アガベ・アテナータ

パッと見が大きなグリーンの花のように見えるし、葉っぱは多肉質でありながら繊細で神秘的な雰囲気も持っている。
さらには寒さ、水切れに強く、霜に当てず水やりを控えめにすれば気温0度でもがんばれるという、なんともハイスペックなヤツです。
ただ、光が好きなので屋外または室内でもしっかりと日光の当たる場所に置いてやってください。
アガべ属は英名でセンチュリー・プラント(century plant)と名付けられていて、由来としては、100年に一度花を咲かせるからみたいですが、実際は100年もかからずだいたい数十年(それでも凄い!)で花を咲かせてくれます。
そして、その花がまた見事なんです!!!
花を咲かせるとその株は終わってしまうのですが、何十年もためた生命力を一気に放出するかのような、エネルギッシュな花です。
アガべ・アテナータの花

僕が見たのは打ち上げロケットか?!とツッコミたくなるくらい大きな花で、本当に圧巻でした。
あと、アガべといえばテキーラ!そしてシロップ!
いつかロケットのようなアガべの花を前に、アガべシロップを肴にテキーラを飲むっていうパーティーをしたいです。

植物入荷しはじめてます!(入荷情報)

3月になってもまだまだ寒い日(昨日、今日は配達中に雪が!)が続いていますが、さすがにそろそろ暖かくなってくれるはず!
というわけでお店では観葉植物の入荷量が徐々に増えてきているのでブログ無精な私ですが、少しずつお店の植物達を紹介していきます。(いつまで続くかな、、、)

まずは近年、ぐんぐんと人気が上がってきた通称コウモリラン(ビカクシダ)のプラティケリウムです。
P3059342
着生性のシダ植物なので、吊り仕立てや壁掛け仕立てなど色んな仕立てで楽しめる優れものです!
ちなみに「着生」とは土に根を張らずに樹木や岩などに根を張り付けて生きている状態のことです。着生種や着生植物なんて呼ばれています。蘭やチランジア(エアプランツ)、シダ、コケ類なんかに多くその仲間がいます。

画像のコウモリランはビフルカツムという品種をオランダで少し改良したビフルカツム・ネザランズという品種です。
通常のビフルカツムより葉(胞子葉)が上向きに出てきやすいのが特徴です。
ビフルカツムは寒さにも強く、コウモリランのなかでも育てやすい品種だと思うので、植物をあまり育てたことのない方にもオススメしやすいです。

Platycerium Bifurcatum Netherlands(プラティケリウム ビフルカツム ネザランズ)
ウラボシ科
オーストラリア・オセアニア地域原産

[入荷情報]ギムノカリキウム緋牡丹錦と翠晃冠錦

ともにひと鉢ずつの入荷です!
P4157
どちらも直径4~5cmくらいのお花が咲きます。
サボテンなので、明るい場所(遮光20~30%程)に置いてやってください。
水やりは猛暑期を除く生長期4~10月は10~14日に一度を目安に土中の乾きをしっかりと確認して底穴から出るまでたっぷりとあげてください。
日中温度が10度を下回る時期の水やりは1ヶ月に1回程度が目安です。

緋牡丹錦(ひぼたんにしき)、翠晃冠錦(すいこうかんにしき)(サボテン科ギムノカリキウム属) サイズ:3号鉢 価格2,100円 

[入荷情報]メディニラ・マグニフィカ

なかなかに良い状態での入荷です!

P4026372
少し寒さに弱いところがありますが、葉も花も素敵なヤツです。
個人的に名前の響きも好きで、たまに早口言葉のように連呼してみたりしてます!

少し変わった花鉢を探されてる方にオススメです!

メディニラ・マグニフィカ(ノボタン科メディニラ属)
サイズ:高さ90cm、8号鉢 価格:8,400円

[入荷情報]プラティケリウム・スパーバム

通り名はコウモリランとかビカクシダ(鹿角シダ)で、本名はプラティケリウム。
本名のほうはよく「ティ」と「ケ」の順番を間違えて呼んじゃったりしますので、ビビリな私は店頭では「コウモリラン」って呼んでます。
シダの仲間なので、空中湿度高めでお願いします。
葉っぱ全体にシュッシュと霧吹きでしてやってください。
シダの仲間なんで耐陰性もありますが、明るい場所に置いてやったほうが、葉がしっかりと繁ってカッコ良くなるので、出来るだけ明るい場所(真夏の直射光は避ける)を用意してやってください。
プラティケリウム・スパーバム
Platycerium superbum ウラボシ科 ビカクシダ属 

エスキナンサス・ヤフロレピス(入荷情報)

そろそろ暖かくなってきそうなので観葉植物の仕入れ量も増やして店内モリモリのグリングリンにしていきます!
エスキナンサス・ヤフロレピス
エスキナンサス・ヤフロレピス(イワタバコ科エスキナンサス属)
吊り鉢です。
ナイスモッサリです。
赤いエキゾチックな花咲いてます。
土への水やり回数はちょっと少なめでお願いします。

カテゴリー
お気に入り